TRICOLORE TIGERS

スポナビブログ SPORTS BULLetinから移籍した鞠と虎 100%のブログです。

苦しかった。きっと、この経験が糧になる。

待望のPK獲得!けど…入らないorz
打っても打っても入らないから…
カウンター、セットプレーで冷や冷やする展開。


これがウーゴなら、「大丈夫、大丈夫!通常営業だよ。最後に決めるから…」
となるが、ウーゴは出場停止でベンチにも居ない。
「今日は翔さんの日じゃない…」と思ってしまったが、
翔さんとピッチで闘う選手達をを信じるしか無かった。

意図せず、脚に当たったシュートが今年のマリノスを象徴するかの様にコロコロ…とゴールラインを越えた。
ラインを越えたボールは天国と地獄を分ける境界線も越えて行った。


長崎の地で事実上のJ1残留をもたらす勝ち点3を獲得した。


時を1月に巻き戻そう。沖縄、宮崎キャンプで見たマリノスの姿からもっと明るい未来を期待していた人も多いだろう。
サポーターに限らず、選手達や関係者達も。


オリジナル10でJ1に残り、戦い続けるチームは二つしかない。
常勝軍団鹿島アントラーズと古豪横浜F・マリノス


歴史が及ぼすプレッシャーは計り知れなかっただろう。
みんな歴史と向き合っていた。長崎でのみんなは頼もしかった。


勝ち点を思う様に積み重ねられないチームに苛立ちを覚え、
主審の判定を受け入れられず、スタジアムで吠える自分が居た。


僕はJ2降格が怖かった。
僕は選手達を信じきれなかった。


申し訳ない...


苦しんで、苦しみぬいた1年。
この苦しんだ経験があるからこそ、来年大きく羽ばたける気がする。

ポステコグルー監督が指揮する攻撃的サッカーは板についてきた。
あとはスパイスを加えて、調理するのみ。


鹿島のACL優勝、川崎のJリーグ連覇。
悔しいし、羨ましい。


この屈辱を希望に変えよう。
近い将来、頂点に立つマリノスを夢見て。
今年、信じきれなかった分、僕はマリノスを信じることをここに誓う。


まずは、今年やられた借りを鳥栖セレッソに返して、シーズンを締めくくろう!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

J1残留チャレンジ開幕 ーマリノスの伝統は永遠だ!ー

今季初めてホームで4万人の観客が訪れて注目度が増した日曜日の浦和レッズ戦。
中位下位が例年以上にひしめく混戦のJ1リーグ
この試合のもたらす勝ち点は数字以上に物理的にも精神的にも大きな意味が有った。

しかし、虚しくも1-2での敗戦は本格的な残留争いへの招待状だった。

Brave and Challenging~勇猛果敢~

今季のスローガンがこの様な形でチームを奮い立たせることは
いささか不本意ではあるものの、それがマリノスの置かれた現状であり、現実である。

J2降格経験の無いオリ10の古豪、横浜F・マリノスが降格危機にある事実は
マスコミにとって、恰好のネタであることは受け入れなければならない。

また、今季のマリノスは今までの常識を覆す様なサッカーを展開している。
攻撃的サッカーと表現されているが、「無謀かつアホみたいなサッカー」
と思われていても不思議ではないことも拍車を掛けているのだろう。

更にはマスコミは有る事、無い事を記事にする…と言う事は
マリノスサポーターなら痛い程、理解していることである。

今後は外野からの雑念やお客さん(ひやかし)が増えることが予想される。

結局、最後は…昭和な発想で申し訳無いけど。。。

気持ちです!

気持ちですよ!気持ち!結局、最後はメンタル、精神論! - TRICOLORE TIGERS
前回の記事も…似た様なこと書いてますが…(汗)

残留争いは綺麗事では勝ちきれないと思ってる。
「勝利のメンタリティ」や「戦う・強い気持ち」でJ1残留チャレンジに勝利して貰いたい!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

気持ちですよ!気持ち!結局、最後はメンタル、精神論!

第23節の鹿島戦も惜敗に終わった。
いや、スコアだけを見れば惜敗だが、マリノスの攻撃はゴールには程遠かった。

W杯中断明け第16節の仙台戦での8ゴールは何だったのか…と思える位、
攻撃陣に見所が無かった!
ついに順位は15位に、そして前節から最下位との勝ち点差は2とまさに崖っぷちだ。

この順位に陥る前から気になっていたのだが、前後半の立ち上がりに失点が多過ぎる。
22試合を終えて12試合で14失点を前後半の立ち上がり15分に失点している。
尚、その12試合中9試合が敗戦である。

失点の過程は様々ではあるが、一番の原因はメンタルなのでは?
攻撃に重きを置き過ぎて…
集中力が欠けて…

この時間帯を意識すれば…試合運びが楽になるのに、
失点する時間帯が悪く、自分達の首を絞めてしまってる様に思える。

長いシーズンにおいて、どん底で、内容が酷いサッカーを展開する時期は必ず有り、
今はその時期だと思いたい…

だから…頑張ろう!
「残留」や「降格」と言う文字がちらつくのは状況的には仕方ない。
その状況と向き合い、闘うことに意味がある。

結局、最後はメンタル、精神論だと思う。
松木さん、松岡修三さん辺りを招聘することになるのか?

気持ちですよ!気持ち!
今の私にはこれしか言えないわ…

でも、マリノスを信じて、最後まで見届ける。
強い気持ちを持って!

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

折り返し地点、後半戦の巻き返しに期待!

マリノスは17節を終えて5勝7敗5分で勝ち点20の13位。

5試合しか勝ってない?7試合以上負けた様な…そんな印象が頭をよぎる。
最近の勝った試合のインパクトが強過ぎるのと、負けた試合は負けるべくして負けているので、印象に残る。

13位と言う順位も決して悲観するべき順位でも無いとは言え、降格圏のチームからは目標とされる位置にいることも有り、油断は禁物である。

要は中途半端な順位と言う事だ。

ベガルタを8-2で撃破したと思えば、FC東京に2-5でけちょんけちょんにされた。
ベガルタ戦は間違いなく、前半戦ベストゲームだっただろう。
FC東京戦は…ワーストでは無いと思う。ただただ、弱点を突かれ、ディエゴ・オリベイラとロングカウンターに屈した試合だったと思う。

昨日は金崎夢生鳥栖の移籍が発表されて「ふぁ!」となりました。
名古屋や鳥栖がなりふり構わない補強を行い、降格圏脱出を目論んでいます。
ガンバも遂にクルピを諦め、ツネ様に運命を託しました。

マリノスはミロシュの代わりにドゥーレを獲得。
今週の金曜日にJリーグ登録となるのでしょうか?

FC東京戦で金井が負傷交代しており、怪我の具合は分かり兼ねますが、
離脱となれば…
1.登録が間に合えば、ドゥーレがスタメンでJリーグデビュー

2.漢栗原のスタメン復帰で栗爆コンビ復活

3.CB扇原、アンカー康太?

 

清水の強力FWクリスラン、ドウグラスと対面することを考えるとドゥーレの登録が間に合って欲しい。

そんなことより、台風15号が18時日産直撃ルートなんですけど。。。
中止か?恐るべし、浴衣フェスの雨乞い。。。


 

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

リーグ戦再開~マリノスの帆となれ、羽根となれ~

ご無沙汰しております。
ワールドカップによるJ1中断に合わせて、ブログも中断しておりました。(笑)

ワールドカップ、楽しかったけど、やっぱり眠かった。ワールドカップ終わっても反射的に27時に目が覚めるの、ホントやめて欲しい俺の身体...

さてさて、明日からJ1再開ですが、先週の天皇杯は盛り上がりましたね~

みんなマリノスに飢えてるのを三ツ沢にて肌で感じて参りました。
中断期間中、デゲネクがセルビアに旅立ちましたが、移籍の噂のあったウーゴ・ヴィエイラはとりあえず!?の残留、横浜ダービーマリノスを救ってくれました。

さて、明日はベガルタ仙台相手にマリノスのリーグ戦が再開されますが、先週の天皇杯から左ウイングを渓太に、1トップを翔さんに代えてくる模様。

ユンユンは怪我でベンチ外、ブマルはベンチスタートの予想ですが、渓太とテルが文句無しのファーストチョイスになっても、全然ウェルカムです!

船には帆が必要でしたが、帆船ではスピードが出ないので、アンジェ船長率いるマリノス号には渓太とテルという羽根を授け、羽ばたいて貰いましょう!

明日は勝ち点3持って帰るぞ!
俺、DAZNで見逃し観戦になる見込み(涙)

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

戦術ダム放水級のゴールラッシュ!となる日を信じて

グランパス戦に引き続きガンバ相手にも引き分けに終わり、15位のまま。
中断前のリーグ戦はV・ファーレン長崎戦を残すのみとなった。

7位ヴィッセル神戸から18位名古屋グランパスまで勝ち点差10。
今年は例年になく中位~下位が詰まっている。
2位と既に勝ち点差10のサンフレッチェ広島が独走態勢に入りつつある。
15位マリノスとは勝ち点差23。この際、サンフレッチェの存在は忘れよう(笑)

さて、ガンバ戦の試合内容は悪くはなかった。
藤本淳吾のロングシュート以外はガンバの攻撃陣に怖さは無かった。

だからこそ、勝ち点3が欲しかった。確かに勝ち点1は勝ち点0よりマシだ。
勝ち点を拾っていくことが残留への道であることは事実である。
まだ、チーム構築の真っ只中であることも理解しているが、
私はグランパス戦、ガンバ戦はそれぞれ勝ち点2を落とした試合と認識している。

では、私が巷で囁かれ始めた監督更迭派かと言うと、答えは「NO」だ。

仮に中断期間前に監督交代の決断を下したとしよう。
恐らく後任監督は守備を再整備して、昨年までのカウンターサッカーに舵を切るだろう。
その結果、失点は減るかもしれない。だが、得点力が上がるだろうか。
1-1の試合結果が0-0に、1-3が0-1になるだけでは無いか?


J1に居続けるオリ10の古豪マリノスにとって、残留が目標では無い事は明らかだ!


マリノスが古豪から強豪・常勝軍団となる為には1-3の試合結果を
3-1にする攻撃サッカーを目指すポステコグルーを信じるしかないと思っている。

監督のガンバ戦後、「一番難しいところは今、乗り越えた」、
後は「フィニッシュのところだけ」とコメントしている。

マリノスにとって、決定力不足は永遠の課題だ。
指揮官はその課題にこれから着手し、解消しようとしている。
決定力が備われば、ケチャドバどころじゃないだろう。
ダム放水級のゴール量産が期待出来る筈だ!

ガンバ戦の特典タオマフが

グランパス戦に引き続きガンバ相手にも引き分けに終わり、15位のまま。
中断前のリーグ戦はV・ファーレン長崎戦を残すのみとなった。

7位ヴィッセル神戸から18位名古屋グランパスまで勝ち点差10。
今年は例年になく中位~下位が詰まっている。
2位と既に勝ち点差10のサンフレッチェ広島が独走態勢に入りつつある。
15位マリノスとは勝ち点差23。この際、サンフレッチェの存在は忘れよう(笑)


さて、ガンバ戦の試合内容は悪くなかった。
藤本淳吾のロングシュート以外はガンバの攻撃に怖さは無かった。
だからこそ、勝ち点3が欲しかった。確かに勝ち点1は勝ち点0よりマシだ。
勝ち点を拾っていくことが残留への道であることは事実である。
まだ、チーム構築の真っ只中であることも理解しているが、
私はグランパス戦、ガンバ戦はそれぞれ勝ち点2を落とした試合と認識している。


では、私が巷で囁かれ始めた監督更迭派かと言うと、答えは「NO」だ。

仮に中断期間前に監督交代の決断を下したとしよう。
恐らく後任監督は守備を再整備して、昨年までのカウンターサッカーに舵を切るだろう。

その結果、失点は減るかもしれない。だが、得点力が上がるだろうか。
1-1の試合結果が0-0に、1-3が0-1になるだけでは無いか?


J1に居続けるオリ10の古豪マリノスにとって、残留が目標では無い事は明らかだ。


マリノスが古豪から強豪・常勝軍団となる為には1-3の試合結果を3-1にする
攻撃サッカーを目指すポステコグルーを信じるしかないと思っている。


監督のガンバ戦後、「一番難しいところは今、乗り越えた」、
後は「フィニッシュのところだけ」とコメントしている。

マリノスにとって、決定力不足は永遠の課題だ。
指揮官はその課題にこれから着手し、解消しようとしている。

決定力が備われば、ケチャドバどころじゃないだろう。
ダム放水級のゴール量産が期待出来る筈だ!

f:id:my25tiger:20180514132650j:plain

ガンバ戦の特典タオマフがゴールラッシュに役立つ日が近く来ること信じて!


にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

絶対に勝たなければならない闘いを控えて

あまりにもマリノスが勝てないから、僕のブログが負のブログなんじゃないかと言う
仮説立て、更新を控えたら、あら!アントラーズに快勝!
ヤバい!?〇原〇希級の「デスブログ」だったのか?と思ったら、ジュビロに完敗。
悪い流れのなか最下位グランパス相手にも決定機を逸し続けて、引き分けと…

僕のブログはジンクスでも何でも無く、全く影響力無かった…(涙)
マリノスが勝てれば…とラッキーパンツ、ラッキーシャツ、ラッキー靴下を求めて…
色々やっていたアホな私で御座います。

意味なかったのね。なんとなーく分かっては居たけど…

ここで状況をおさらいすると…我らがマリノスは13節を終えて勝ち点13の15位。
プレーオフ圏の16位とは勝ち点差無し、得失点差1。
降格圏とは勝ち点差2の綱渡り状態。

グランパス、ガンバ、Ⅴ・ファーレンと続く、中断前の裏天王山。
その裏天王山の初戦で勝ち点2を豊田スタジアムに置いて来てしまったマリノス
絶対に負けられない、いや、“絶対に勝たなくてはならない”2試合を
ホーム日産スタジアムで控える状況となってしまった。

そういえば、かつては渋滞のメッカであった天王山トンネル
最近は渋滞が緩和されてるのね。どうでも良いですが…

とは言え、7位仙台との勝ち点差は6のみ。
ガンバ、Ⅴ・ファーレン相手に連勝出来れば、危機的状況から脱せる。
広島が独走体制に入りつつあるが、ハイペースで逃げる馬は無視が競馬のセオリー。
そのまま逃げ切ってしまうことが出来るのは武豊操るサイレンススズカ位だ!大丈夫!
(でも、どこかでセーフティカー入らないかなぁ。。。)

すみません、妄想の世界へ入ってしまいました。

ジュビロ戦後半途中から出場、プレーとは別の所で注目を浴びた喜田が
グランパス戦でスタメン復帰。
前半に限ってではありますが、開幕2節で感じたワクワク感が
喜田と共に戻って来ました。
が…後半はここ最近のトレンドで押し込まれる展開から失点のお約束付き。

ロスタイムは交代で入った前線3人の外国人選手が決定機のオンパレードを迎えるも
ゴールネットを揺らすシーンは結局見られず…


しかーし、名古屋戦の悔しいドローから明るい光が差したと思えたのも事実。
(感想には個人差が御座いますので、ご了承下さい。)

・左ウィングには適切なポジショニングが出来るユン・イルロクが欠かせない
・中盤は天野・扇原・喜田が恐らく現状ベストな組み合わせ
 (ジュビロ戦では扇原が酷かったですが…)
・フレッシュなブマルはオープンな展開になれば無敵(シュートが入るとは言ってない)
・両サイドバックのアラバロールが復活
・ウーゴの切り返し連発ドリブルにキレが出て来た。
・大津のポストプレーは活きる!(けど、シュートが入らん…)

要は、山中とユンと喜田が揃えば、勝てるんじゃないかと言う事ですわ。
(前半から誰かがバンバン点を獲ってくれれば…)

今週、来週の水曜はルヴァンを挟みます。
もうルヴァンはリーグで出番の無かった選手達に任せましょう。
明後日ベガルタに勝って、グループ1位通過決めて貰いましょう。

リーグ戦主力はしっかりコンディションを整えて、まずは今週末のガンバ戦に勝利!
そして、翌週のⅤ・ファーレンにはJ1の主の力を見せ付けよう!

絶対、勝つ!!!全部、勝つ!!!

 

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村